知らないと恥をかく!葬儀の大切な知識

Pagelist
このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀や納骨についての情報

まず、葬儀には必ず参加しましょう。結婚式や特別な式でも、もう会うことができない葬儀の方が優先されます。なので、被った場合には事情を話したりして辞退しましょう。後、血縁者はもちろんのこと、近所の人や知り合いなども出来る限り参加したほうがいいと思います。納骨などもきちんと参加して、最後まで見送ってあげましょう。

なぜ、葬儀を行うかというと、もともとは死んだ人物が生き返らないようにするため、成仏するために行いました。今は考え方が変わりつつありますが、基本は変わらないと思います。納骨をする理由はその人の形見みたいな感じで、燃やしても骨だけは残るから、それを収めておくといった感じでしょうか。詳しいことはわかりませんが、その人に敬意をもって行うらしいです。

自分は初めて葬式を行った時には面倒くさく思っていました。まあ、子供の時で、『会えない』ということをあまり分かっていなかったので、足がしびれるだとか、時間が長いなどといった感情が湧いていました。でも、今思うと葬儀の時間は最後にその死んだ人物に会える時だと考えます。実際には存在していないけど、その人に深く関わることができるのはこれっきりなので、あながち間違ってはいないと思います。自分も死んだら皆葬儀に来てくれるでしょうか。そう考えると少し寂しい感じがしますね。でも、葬儀を行うためには大量のお金が必要です。火葬代や場所代はもちろんのこと、お茶代や移動費をプラスされるので大変です。

Copyright (C)2019知らないと恥をかく!葬儀の大切な知識.All rights reserved.