知らないと恥をかく!葬儀の大切な知識

Pagelist
このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀の納骨におけるさまざまな準備

納骨とは、遺体を仮想した後骨壷似納め、葬儀の後暫くの間、仏壇や祭壇に安置しその後、時期が来たらお墓や納骨堂に収めることを「納骨」と言います。納骨の方法には様々です。はじめにお墓に納骨する方法です。これは火葬後骨壷に入れてしばらく供養した後、お墓に納めます。今の時代、お墓に納骨するのが最も一般的な方法となっています。次に、納骨堂に納骨する方法です。納骨堂という火葬後の遺骨を納める建物があり、建物の中に遺骨を納めるロッカーのようなものがあり、契約した区画に遺骨を納めます。納骨堂への納骨は「期限付き納骨」「一時納骨」また「永年納骨」「永代納骨」などがあります。また、散骨(場所によっては許可が必要)や樹木葬(墓石の代わりに樹木を墓標とする供養方法)などがあります。

納骨の時期については基本的には決まりはありません。多くの場合個人の宗教ごとの儀式に合わせて納骨が行われます。納骨の仕方は、まずは日程を決めます。納骨は身内だけで行うことが多いので身内の都合が良い日を選んで寺院や神社、教会などと相談して決めます。次に納骨場所や納骨方法を決めます。個人の意志にもとづいていろいろな納骨方法から選びます。そして、墓地の確認です。先祖代々受け継がれているお墓、生前個人が用意していたお墓などどのお墓に納骨するのか検討します。また、納骨には埋葬許可書が必要です。市町村役場に行き「火葬許可書」「埋葬許可書」を出してもらいます。最後に料理の手配や連絡案内状の手配、御布施の準備も行います。

注目情報

Copyright (C)2019知らないと恥をかく!葬儀の大切な知識.All rights reserved.